スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南アフリカに声援送る、W杯日本代表中村俊輔選手の父母/横浜(カナロコ)

 サッカーの日本代表MF中村俊輔選手(31)にとって、ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会は雪辱の舞台となる。直前に風邪をひき、実力を発揮できなかった前回ドイツ大会から4年。今年2月には、もう一つの夢だと公言してきたスペインリーグでのプレーを志半ばにして、万全の状態でW杯を迎えるために横浜F・マリノス(横浜M)に電撃復帰した。サッカー人生の集大成に向かった息子を、父・博之さん(63)と母・イリ子さん(58)はそっと見守り続けている。

 4歳のときに、やると決めたサッカー。以来、寝ても覚めてもサッカー漬けの息子だった。

 中学時代は名門・横浜Mジュニアユースに所属。全体練習が終わっても、照明が消える午後10時近くまでボールをけった。桐光学園高校時代には、自主練習のため午前6時30分に起床。7時に家を出るまでのわずかな時間、朝食をかき込みながら、博之さんが試合で撮りためたビデオテープをチェックした。

 両親ともに、サッカーは全くの素人。父は帰りの遅い息子を迎えの車で待った。母は栄養士から学んだ料理の腕を振るい、身長が伸びないのを気にする息子に「打ち出の小づちでも振ってあげようか」と言って和ませた。

 中村選手が欧州に活躍の場を求めたのは、2002年。W杯日韓大会代表に落選した、すぐ後のことだった。息子から、泣き言を聞いた記憶はない。さらなるステップアップを期したとはいえ、歴史も文化も、言葉も違う環境での生活。「練習を頑張ったご褒美に、お風呂に入浴剤を入れよう」「(イタリアの)田舎で娯楽施設もないから、雑誌は1週間かけて1冊を読もう」。報道で伝えられる息子の姿に、母は思わず涙をこぼしたこともある。

 「ようやく、メンタルも体調も、いい感じになってきたよ」。今月10日、珍しく、中村選手の家族経由で南アフリカから近況報告が届いた。不調を伝える報道が続く中での、朗報だった。

 「弱音は絶対吐かない子でした。意志の強さと覚悟があった」とイリ子さん。父は「これまで、一試合でも手を抜くことはなかった。W杯は年齢的にも最後。万全の状態で試合に出てほしい」と願う。

 14日のカメルーン戦では、先発落ちも伝えられる「背番号10」。両親は「経験が大事になるときもある。日本の勝利に俊輔が貢献できれば、うれしい」と、横浜市内の自宅から、遠い南アの地に声援を送る。

【関連記事】
W杯代表決定
俊輔が山形戦に強行出場へ、W杯に向け危機感/マリノス
サッカーW杯南アフリカ大会の代表にフロンターレから4選手、”後発クラブ”躍進
横浜M:俊輔、中沢ら W杯へ全精力注ぐ/南アフリカ大会全日本代表
サッカーW杯南アフリカ大会の代表にフロンターレから4選手、サポーターたちが喜びの声/川崎

矢ジカ男、神鹿を撃ち死なせた罪認める 文化財保護法違反で初公判(産経新聞)
【このまま気まま】編集委員・荻原靖史 いつかW杯へ!?「大阪国」の妄想(産経新聞)
大麻所持の元府立高教頭に求刑6月 「吸引70~80回、学校にも」(産経新聞)
鳩山氏、社民へ恨み節「離脱しない亀井氏は立派」(読売新聞)
上賀茂神社もアライグマの被害に 専門家が調査へ(産経新聞)
スポンサーサイト

「4日に後継選出」両院議員総会でと民主党幹部(産経新聞)

 民主党幹部は2日、次期代表を選出する両院議員総会を4日に開く方向で調整していることを明らかにした。また、6月16日の今国会会期を延長しない方針を示した。

【関連記事】
首相「今日までがんばってきたつもり」 総会で退陣表明
「日本の首相はまた替わるのか」 中国も高い関心
鳩山政権を振り返って、「未知との遭遇」だった8カ月
韓国メディアも一斉に報道 「首相の後任は菅副総理が有力」
首相「国民の皆さんが聞く耳をもたなくなった」 演説要旨
「はやぶさ」帰還へ

石垣島の牛は陰性、ウイルス検査で判明(読売新聞)
<四国知事会議>口蹄疫対策で協力 高速料金、あくまで全国一律に(毎日新聞)
<シー・シェパード>元船長公判 6月10日で結審へ(毎日新聞)
桜島噴火で繁華街に大量の灰、空薄暗く(読売新聞)
百日ぜきが成人を中心に急増(医療介護CBニュース)

重くして“エコカー認定”の欺瞞(Business Media 誠)

 エコカー減税や補助金の認定にも利用されている、国土交通省の低燃費車の認定制度に対し、東京都から制度上の欠陥が指摘されています。

 この制度は、国土交通省が省エネ法で定めた燃費基準をクリアしたクルマを「燃費基準達成車(低燃費車)」として認定、該当車には緑色のステッカーを与え、公的なお墨付きを与えるとともに、エコカー減税や補助金などの優遇策を受けるための前提基準ともなっています。

 制度上の欠陥とは、この制度の認定基準がクルマの重量が重くなるほど緩くなるため、基準を満たさないクルマにパワーシートやサンルーフといったオプションを加え、重量をかさ上げして基準をクリアできることです。こうした重量をかさ上げして基準をクリアする手法は、自動車業界では「お引越し」という業界用語で呼ばれるまでに定着しているようです(出所:2010年5月18日MSN産経ニュース)。

 確かにおかしな話です。この制度ができるまでは、自動車メーカーはクルマの軽量化に腐心していました。基本的には、重量が軽い方が燃費が良くなるからです。ところが、この制度は自動車メーカーにゆがんだインセンティブを与えてしまいます。

●何のための制度なのか?

 今回の東京都の指摘に対し、国土交通省は「区分を細分化すると燃費試験に膨大なコストがかかる」(出所:同上)と説明しており、当面、欠陥を是正するつもりはないようです。

 これでは、何のための制度か分かりません。本当に、エネルギー削減を促進する目的でこの制度は作られたのでしょうか? もともと、エコカー減税や補助金は、環境負荷低減ではなく、景気対策の側面が強いことは指摘されていました。景気対策が目的ならば、エコをかたるのではなく、別の名称を用いるべきです。もし、日本政府が本当に環境負荷低減を進めたい、環境負荷低減で国際的なリーダーシップを取りたいならば、こうした欺瞞は早急にやめるべきです。

 まだ、環境負荷低減は価値が十分に認められておらず、非常に危うい位置にあります。エコや環境負荷低減を訴えるビジネスは、資源やエネルギーを実際に節減できるものと、こうした制度のゆがみや「地球に優しそう」というイメージによる誤解に基づくものの玉石混交の状態です。

 こうした中で、国のような環境負荷低減に価値を付与すべき機関が、率先してその価値に対する信頼を損なうような行動を行えば、「環境、環境、エコ、エコって言うけど、実際には世の中の何の役にも立っていないよね」と、本当に環境負荷低減につながるビジネス、活動まで含めて、まがい物として見られるようになってしまいます。バブル崩壊後の不況と同様、踊らされた需要が大きければ大きいほど、その信用が崩壊した後の全体の環境負荷低減ビジネス、活動に与える影響は大きくなります。

 制度のゆがみを利用するのは、違法ではありません。悪いのは、そうしたゆがんだ制度を作った制度設計者です。企業側から見れば、そうした制度のゆがみは、短期的には少ないリスクで収益を上げる良い手段です。単なる良い手段どころか、それを利用しない手はないというくらいです。実需を追いかけるのか、制度のゆがみやバブルを追いかけるのかは、あくまでも、それぞれの企業の信念、価値観によります。

 しかし、中長期的には、制度のゆがみやバブルを利用して収益を上げる企業は、やがて淘汰されます。我々環境負荷低減ビジネスの担い手には、その価値がまだまだ壊れやすいものがあるがゆえに、信念を持って実需を追いかけることが、事業の成功につながると考えます。(中ノ森清訓)

【関連記事】
ポイントは“本業”を通じた環境経営――ゴールドウインの自転車通勤制度
iPadの分解結果が示す、既存の調達・購買管理論の終焉
リモコンをなくせ、iPhoneですべての家電をコントロール

<東京都監察医務院>行政解剖の遺体に「かんし」置き忘れ(毎日新聞)
片山元総務相らの擁立発表=たちあがれ日本(時事通信)
音と時間が奏でる現象のサウンドスケープ、八木良太展(Business Media 誠)
口蹄疫 特措法成立へ 処分費用は国負担…民自公合意(毎日新聞)
板橋資産家殺人事件1年、フェンス越え侵入か(読売新聞)

雑記帳 テン、富山の動物園へ トキ保護センターで捕獲(毎日新聞)

 新潟県の佐渡トキ保護センター野生復帰ステーションの順化ケージに侵入し、捕獲されたテンが月内にも、富山市の動物園「富山市ファミリーパーク」に移されることになった。

 全長60センチの雄。3月、トキがテンに襲われ9羽が死んだ事故を受け、4月中旬、ケージ内に設置されたわなにかかった。ただ“犯人”かは不明。環境省に「殺さないで」と求める声が多く寄せられていた。

 同パークでは現在、テン6匹を飼育しており、この雄を加えて繁殖を目指す。公開はしない方針というが、トキ襲撃で注目を集めたテンだけに、展(テン)示を求める声が上がりそう。【畠山哲郎】

【関連ニュース】
トキ:卵がまたカラスに奪われる 残りの卵がまだ存在か
放鳥トキ:巣にカラス侵入、卵捨てる ふ化厳しく
トキ:2世誕生に期待 9日以降ふ化も…新潟・佐渡
放鳥トキ:3個目も巣外へ 別のペア、卵ふ化の可能性
トキ襲撃死:電気柵などの設置を…検証委が報告書案

<京都地裁>裁判長怒る 「居眠りする人は出ていって」(毎日新聞)
産廃業者が資産隠し8400万円、2人を逮捕 大阪地検(産経新聞)
パロマ中毒死、11日判決=元社長ら無罪主張-安全管理責任で判断注目・東京地裁(時事通信)
NTT労組側、民主議員らに「脱法献金」 9400万円で無償ビラ購入(産経新聞)
「酸っぱい」カツ重…売れ残りトンカツ肉転用(読売新聞)

孤独死対策の予算新設で秋に協議会設立―神奈川県(医療介護CBニュース)

 神奈川県は、一人暮らしで誰にも看取られない「孤独死」を防止するため、孤独死対策の事業を推進する予算を来年度に新たに設ける方向で検討に入った。今夏をめどに、複数の県営住宅で実態調査を兼ねたモデル事業を実施。秋には、モデル事業ごとに関係する自治体の職員や民生委員などから成る協議会を設け、具体的な孤独死防止事業の計画を詰める。

 今年度は、地域支援事業など既存の予算範囲内で孤独死対策事業を推進。高齢化が進んでいる大規模な県営住宅で高齢者の安否を確認する「見守り活動」などに関心のある自治体を数か所抽出し、モデル事業を実施する自治体として指定する。見守り活動などは、民生委員や老人ホームのボランティアなどに協力を求める方針。独居高齢者の個人情報については、本人の同意を得た上で、見守り活動の参加者に開示する。

 一部の県営住宅では、周辺住民に独居老人の異変をサイレンで知らせる装置の設置などが進んでいる。ただ、県は「ハードの設置だけでは不十分。ハードの設置や見守り活動を拒絶する独居高齢者も多い。独居高齢者が支援を求めやすい地域支援ネットワークを構築することが必要」(高齢福祉課)としている。

 秋に設置される協議会では、こうした地域支援ネットワークづくりの具体的な手法などについて、地域の社会福祉協議会も含め、他の自治体の先進事例や有識者などの意見を収集。新たに予算が必要な孤独死対策の手法について洗い出すとみられる。


【関連記事】
厚労相に孤独死の全国調査実施を要請―千葉・常盤平団地自治会など
独居高齢者の安否、乳酸菌飲料の無料宅配で確認―千葉県成田市
「老老介護」5324人、「孤立」2734人―東京都世田谷区が高齢者の実態調査
「自作短歌を掲載」で独居高齢者の被害急増
高齢者の孤独死対策、支援内容の判断基準を策定―栃木県

<NHK>受信契約訴訟取り下げ 千葉県の会社、全額支払い(毎日新聞)
両陛下、日本国際賞授賞式に(時事通信)
高1ら空き巣容疑の少年3人逮捕 一人は「別に」と反省の弁なし(産経新聞)
交際相手の20歳男を逮捕=ホテルで女性殺害容疑-警視庁(時事通信)
「政治主導成功せず」21世紀臨調が提言(産経新聞)
プロフィール

ひらさわみよこさん

Author:ひらさわみよこさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。